ライフジョイ厚木 作業レポ!

これからの厚木で「新しい元気の輪を広げたい」
そんな「ライフジョイ厚木」のレポートです。
<< バーベキューは当たりでした | main | 2012年05月10日の雑記 >>
サクサク Windows XP への道 その2
 ハイバネーション無効化大容量ファイルを削除できる」


ハイバネーション
とは、
パソコン電源を切断する前に、メモリの記憶内容をハードディスクに待避させ、次にパソコンを起動させた際、作業途中から再開できるようにする機能

のことです。

作業途中の状態のままパソコンの電源を落とす
ことができ、これは
パソコンの「休止状態
とも呼ばれます。



ただし、この機能はバッテリーで駆動することが多い
ノートパソコンにとっては重要ですが、
電源環境が整っている場合が多い
デスクトップパソコンには、あまり重要ではない
と考えられます。

したがって、この休止状態」の設定について、
特にデスクトップパソコンのユーザーは
ほとんど意識されたことがない方が多いと思います。


実は、パソコンを休止状態にしなくても、
メモリを退避させるための
大きなファイルが常に確保されている

のです。

このファイルは
ハイバネーションファイル
hiberfil.sys
と言われ、
恐らくメインメモリと同程度のファイルサイズ
になっていると考えられます。
※自分の場合は1GBになっていました


休止状態」を無効に設定すれば
このハイバネーションファイルは不要となり
ハードディスクから削除可能

となります。
(自動的に削除される場合もあり)


(設定方法)

コントロールパネルにて「電源オプション」を選択
「休止状態」タブを選択
「休止状態を有効にする」のチェックを外す
「OK」を押して、再起動





システムドライブにあるハイバネーションファイルが
自動的に削除されていると思います。

実はこのファイル、
システムドライブ以外には移動が出来ない
ので、とても厄介です。


ちなみに、
休止状態」を無効にしてファイルを削除しても
スタンバイ」は有効です。

また、くれぐれもノートパソコンでは実施しない
ようにお願い致します。



From 代表
| ライフジョイ代表 | 調査レポート | 17:13 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://bnryatg.jugem.cc/trackback/274
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

このページの先頭へ