ライフジョイ厚木 作業レポ!

これからの厚木で「新しい元気の輪を広げたい」
そんな「ライフジョイ厚木」のレポートです。
<< 三ッ沢公園で散歩とか | main | 「生涯スポーツ」ってどんなの? >>
古いパソコンのメモリ増設

2003年製のデスクトップパソコン。

新規でセキュリティソフトをインストールした後、動作がとても遅くなったそうです。

まずは、「タスクマネージャ」でいろいろ確認。

CPU負荷の大きいアプリの設定変更などを施しましたが、それでもあまり改善せず。
要するにメモリがアップアップの状態で、HDへのアクセスが頻繁に発生。そのために動作が遅いこと、遅いこと。どんなに我慢強い人間でも、これはムリです、はい。

PC: NEC VALUESTAR VL-350/6D
OS: Windows XP SP3
メモリ: 256MB


対策としてメモリ増設(1GB)を決定し、増設メモリを入手。

増設メモリ: BUFFALO DD400-1G

メモリ増設4



それでは、メモリ増設作業を開始です。

まずは、ルーフカバーを開けます。

メモリ増設1

本体背面にあるグレーのロックつまみをスライドさせて開錠
あとは上の写真のようにカバーをスライドさせると、正面と側面3面のカバーが一体となってガバッと気持ち良く開きます。

メモリ増設2

カバーを外して、内部のホコリを取り除きます。結構、色々な所にホコリが入り込んでいるので、ここは丁寧に掃除機で吸い取ります。

メモリ増設3

増設メモリのスロットは、写真では右側(本体の底面側)にあります。
既に256MBメモリが差し込まれていますので、これを抜いて同じ場所に今回の1GBメモリを差し込みます。(写真は交換前の状態です)

メモリの抜き差しも丁寧に。特に、差込み具合は十分に確認します。


カバーを戻し、ロックつまみをスライドさせて施錠。本体の接続関係を復旧させて、動作確認を行ないます。(今回はカバーの着脱が簡単なので、カバー復旧後に動作確認しました)

システムのプロパティ」や「タスクマネージャ」などで、メモリが1GBになっているかを確認。

いろいろな操作をしてみて、以前とのスピードの違いを確認し、作業終了。



やはり、この7年間だけでも、各ソフトやコンテンツのファイルサイズは相当大きくなっているはずで、同じメモリ容量では全然動かなくなる、ということですね。

これから一体、どうなってしまうのか。
心配ですね。


From 代表
| ライフジョイ代表 | 作業レポート | 17:55 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://bnryatg.jugem.cc/trackback/250
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

このページの先頭へ